都内の賃貸マンションに住んでいるが、そのポストを見ると入居者名を表示していない部屋がかなりある。マンション所有者からは満室になっていると聞いているのに、ポストを見ると半分近く空いているようにしか見えない。

 大規模オフィスビルのテナントの移転状況を、テナントプレートの企業名を使って分析する作業をした。その中で、入居者がいるはずなのにテナントプレートに表示がないフロアを持つビルに出くわした。

 千代田区のある有名ビルは、ほぼ満室稼働しているとビルの所有企業から聞いていた。それなのにテナントプレートをいくらチェックしても入居企業名が見つからないフロアがある。複数フロアを賃借している企業が表示を省略しているからだろうと考えて、ビルの所有企業に問い合わせてみた。

 すると、「そのフロアを使っているテナント名は明かせません」という回答だった。こうしたテナントがプレートに表示を出していない理由としては、事業戦略上、その場所に拠点を設けていることを秘密にする、セキュリティー上、公にできないなどが考えられる。

 最近、セキュリティーを重視する企業が増えているだけに、今後、プレートに名称を表示しないテナントが多くなる可能性がある。冒頭の私の住んでいるマンションのように、「テナントプレート上は半分空室、実は満室稼働」といったオフィスビルが今後も増加するかもしれない。

(高橋 敏雅)