ホテルサンルート新宿の完成イメージ(資料:森トラスト)
ホテルサンルート新宿の完成イメージ(資料:森トラスト)

 森トラストとジェイティービー(JTB)グループのジェイティービーエステートは12月14日、渋谷区代々木2丁目で(仮称)ホテルサンルート新宿の建設に着手した。森トラストとJTBが共同所有していたホテルサンルート東京の建て替え工事だ。新ホテルの土地、建物ともに2社が50%ずつ所有する。開業は2007年秋を予定している。

 建設地は新宿駅から徒歩3分の場所で、面積は3174m2。建物は地上14階地下1階、延べ床面積2万1240m2の規模になる。サンルートホテルが20年間の賃借契約を結び、客室数624室の宿泊主体型のホテルを運営する。設計は松田平田設計、施工は大林組だ。

 旧ホテルのホテルサンルート東京の客室数は545室で、1978年に開業した。2005年3月まで営業していた。

■森トラストの発表
http://www.mori-trust.co.jp/pressrelease/index.html