さくらシティ日立(資料:ニューシティコーポレーション)
さくらシティ日立(資料:ニューシティコーポレーション)

 ニューシティコーポレーションが茨城県日立市の百貨店跡を改修したショッピングモール「さくらシティ日立」が11月11日に開業する。JR日立駅から徒歩15分の日立市役所近くにあり、地上5階地下1階建て、延べ床面積約4万4000m2、売り場面積2万m2強の規模だ。

 さくらシティ日立にはカスミが運営する食品スーパーのほか、ワールドやファーストリテイリング系列のアパレル店、スポーツ用品店、書店など約60のテナントが出店を予定している。吉本興業がプロデュースする劇場とゲームセンターの複合施設も入居する予定だ。年間110億~120億円の売り上げを見込んでいる。

 かつてこの場所では百貨店のボンベルタ伊勢甚日立店が営業していたが、郊外に大型スーパーが増えた影響などで2005年5月に閉店した。日立市の中核的な商業施設だったことから、市議会や元従業員が後継テナントの誘致運動を進めていた。神峰総合開発が所有していた土地・建物は、その後、市税滞納による差し押さえを経て、ニューシティが2006年2月に推定約19億円で買い取った。当初は同年夏に開業を目指していたが、出店交渉が長引いた影響で11月にずれ込んだ。

 ニューシティはこれを皮切りに、地方都市の中心市街地にある商業施設の再生に取り組んでいく。まちづくり3法の改正により、郊外での大型出店が困難になり、相対的に中心部にある商業施設の価値が高まると考えるためだ。すでに他の地方都市でも商業施設の取得を検討している。

[売買の概要]
名称:ボンベルタ伊勢甚日立店
買い主:ニューシティコーポレーション
売り主:神峰総合開発
価格:約19億円(推定)
所在地:茨城県日立市神峰町1-7-7(住居表示)
最寄り駅:JR日立駅徒歩15分
面積:土地1万1671.63m2、延べ床4万3519.82m2
構造、階数(地上/地下):SRC造、5/1
竣工:1985年
取引時期:2006年2月

[開発の概要]
名称:さくらシティ日立
用途:店舗、駐車場
駐車場台数:316台
リニューアル工期:2006年4月~11月
主なテナント:カスミフードスクエア(予定)