日本の不動産を投資対象としたガリレオ・ジャパン・トラストが12月18日、オーストラリア証券取引所に上場する。ガリレオ・ジャパン・ファンド・マネジメントと日本管財が立ち上げたLPT(Listed Property Trust、日本のREITに該当)で、運用資産総額は約600億円だ。

 同LPTは日本のオフィスビルや小規模商業施設、倉庫などに投資する。日本管財はスキーム構築や資金調達の面でアドバイス業務を手がけているほか、セキュアード・キャピタル・ジャパンと共にアセットマネジメントを担当する。上場後も様々なタイプの収益不動産を組み入れ、積極的に資産規模を拡大していく考えだ。

 ガリレオファンドグループはオーストラリアのファンドマネジメント会社だ。これまでに、米国の商業施設を投資対象とするガリレオ・ショッピング・アメリカ・トラストを上場させている。このたび、日本での投資を始めるにあたって、日本法人であるガリレオジャパンを設立した。同社に一部出資する日本管財の中に拠点を置いて活動していく予定だ。

システム管理者