日経不動産マーケット情報がウェブサイトから発信した2007年5月の記事のアクセス数(読者が記事を呼び出した回数)を集計した結果、2007年以降に東京都区部で完成する大規模オフィスビルの動向を伝えた記事が1位になった。

 2位は、モルガン・スタンレーグループがクレッシェンド投資法人の投資口を取得して筆頭株主となったことを伝えた記事だ。同投資法人はモルガン・スタンレーのファンドとの間で11物件の取得と、7物件の売却を実施して、運用資産規模を900億円超に拡大した。3位は、三井不動産が発表した長期経営計画の記事だ。今後5年間で52万m2のオフィスビルを開発することが明らかとなり、読者の強い興味を引いた。これらのほか、森ビルやクリードによる東京・都心部での開発案件に関する記事もよく読まれた。

 5月に掲載した記事のアクセス数のベスト10は以下の通りだ。

5月のウェブニュース アクセス数ベスト10
(集計期間2007/5/1~2007/6/5)

順位 アクセス数 記事タイトル(発信月日)
1 5656 【調査】109棟、延べ床568万m2の計画が進行、東京の大規模オフィスビル(5.18)
2 4850 【売買】クレッシェンド投資法人の筆頭投資主にモルガン・スタンレー、物件交換で900億円規模に(5.22)
34816 【戦略】今後5年で52万m2のオフィス開発、三井不動産が長期経営計画を発表(5.10)
4 4589 【売買】津田沼駅前の店舗ビルを20億円弱で取得、豪REITのバブコック(5.2)
5 4522 【売買】原宿・竹下通りの土地を推定100億円弱で取得、有限会社エフ・ビー・イー(5.7)
6 4373 【売買】400億円超でダイエー甲子園店を取得、セキュアード・キャピタル(5.21)
7 4287 【戦略】ダヴィンチがTOCの資金調達計画に異議、自社による新株引き受けを提案(5.11)
8 4048 【プロジェクト・売買】赤坂1丁目と六本木1丁目でオフィスビルを建設、森ビル(5.30)
9 3672 【プロジェクト】六本木1丁目に地上28階建ての免震マンションを建設、都が再開発組合の設立認可(5.10)
10 3639 【売買・プロジェクト】渋谷1丁目に店舗・事務所ビルを建設、クリードのSPC(5.10)