東亜建設工業の本社ビル
東亜建設工業の本社ビル

 東亜建設工業は11月15日、千代田区四番町にある本社ビルの売却を検討していることを明らかにした。有利子負債の削減が目的だ。売却先や価格はまだ決まっていない。

 東亜建設工業の本社ビルは地下鉄麹町駅から徒歩3分、日本テレビ通りと番町学園通りに面した角地に立っている。地上8階地下2階建て、延べ床面積1万4916m2の規模で、1961年に竣工した。敷地面積は2628m2だ。周辺ではオフィスビルが立ち並んでおり、上智大学市ケ谷キャンパスにも近い。売却後に本社を移転するかどうかは決まっていない。売却にあたっては、数社を対象に入札を実施する予定だ。

 番町学園通りを挟んで隣接する街区では、2007年5月に不動産会社のアクロス(本社:品川区)が約2000m2の開発用地を取得している。オフィスビルまたは賃貸マンションの建設を検討しているものとみられる。