東急リアル・エステート投資法人は1月29日、所有物件の地震PML(予想最大損失率)見直しを発表した。同投資法人が地震リスク分析を委託している、イー・アール・エス(本社:港区)と応用アール・エム・エス(本社:港区)が分析手法を変更したためだ。

日経不動産マーケット情報の年間購読者の方だけがご覧いただけます。ご登録のうえログインしてください。
日経不動産マーケット情報 購読のご案内

日経不動産マーケット情報のサイトをご利用いただくためのIDは、日経不動産マーケット情報のご購読1部につき1つを発行しています。ご購読いただくと、当サイトで過去の記事(売買事例や移転事例など)がご覧いただけるほか、検索機能もご利用いただけます。 すでにご購読いただいている方は、上記の会員登録・変更ボタンをクリックしてウェブサイトの会員登録をしてください。登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。