セイクレストは5月2日、同日付で破産手続き開始を申し立てたと発表した。負債総額は概算で22億円だ。

 同社は1991年設立の不動産会社。マンションの企画・販売代理を中心に事業展開するほか、不動産流動化事業にも乗り出し、2006年3月期には単体で約32億円の売上高を計上した。しかしその後の景気低迷で業績が悪化。2011年3月期は単体予想で3億5200万円にまで売上高が落ち込んでいた。

 第三者割当増資や、不動産を対価とする現物(株式)出資を行うなど経営立て直しに動いていたものの、主力のマンション販売が進まず、4月28日期日の約束手形の決済資金が用意できない事態に陥った。そのほかにも多額の未払い債務を抱え、運転資金を確保できないことから、事業継続を断念した。