大和証券グループ本社は2013年3月から、子会社を通じて私募REIT(不動産投資信託)の運用を開始する。同社によると住宅系の私募REITは日本で初めて。名称は大和証券レジデンシャル・プライベート投資法人だ。

 東京圏の単身者や小家族向けのマンションを中心に、当初数百億円規模で運用を開始する。運用は大和証券オフィス投資法人の運用会社である大和リアル・エステート・アセット・マネジメントが兼務する。