香港のサービスオフィス会社大手であるコンパスオフィスは5月23日、JR目黒駅前にあるMG目黒駅前(旧アイオス目黒駅前)に、モバイルワーカーやコワーキングワーカー向けの会員制オフィス「コンパスハビタット」を開設する。約500m2のフロアをアジアンリゾート風に改装し、約90席のワークスペース、キッチン、トレーニング機器などを備える。

コンパスハビタットのワークスペース。約90席のラウンジやミーティングエリアとキッチン、フィットネス機器、マッサージ機器、シャワールームなどを備えている。ドリンクは利用料金に含まれる


 MG目黒駅前は、円形の外観が特徴的なサービスオフィスと賃貸住宅の複合ビルだ。欧州とアジアで不動産投資顧問業務を手がけるMGPAのファンドが所有しており、コンパスオフィスが2013年1月からサービスオフィス部分のプロパティマネジメント(PM)業務を受託している。ビルは地上14階地下2階建て、延べ床面積1万2564m2の規模で、2006年に完成した。2階~9階がオフィスだ。

 ビルの4階を改装し、モバイルワークやミーティングなどに利用できる会員制オフィススペースを新設した。利用時間は平日の午前8時から午後8時まで。料金は月額2万1000円、バーチャルオフィスサービスとのセットが月額3万6750円などだ。メンバーのほか1名が利用できる。

 コンパスオフィスは2009年に香港で創業し、シンガポール、日本に拠点を持つ。日本では2011年に営業を開始し、虎ノ門40MTビルに初のサービスオフィスを開設した。目黒のオフィスはグループで20カ所目、日本では2カ所目となる。

 同社は今後、都内の駅に近い立地で、数カ所のサービスオフィス開設を検討する。同社では通常、オーナーから直接ビルを賃借してオフィスを開設しているが、今回のようにPM業務受託による展開も需要があるとみており、事業の可能性を探っていく。

ワークスペースは用途に応じて、テーブル席やソファー席など様々なタイプを設けている。内装設計はSteven Leach and Associates(スティーブン・リーチ・アソシエイツ)、内装施工は東急建設が手がけた

ワークスペース。写真右手はキッチンエリア

フィットネススペース

MG目黒駅前ビル外観


[施設の概要]
名称:コンパスハビタット
所在地:品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前4階
最寄り駅:JR目黒駅徒歩1分
面積:約500m2
座席数:約90席
利用可能時間:平日8:00~20:00
利用料金:日額5250円、月額2万1000円、
     バーチャルオフィスとのセットプラン月額3万6750円
内装設計:Steven Leach and Associates(スティーブン・リーチ・アソシエイツ)
内装施工:東急建設