金融機関の特別目的会社(SPC)向け融資残高が、2013年9月までの半年間で大幅に減少したことがわかった。減少額は6731億円。率にして8.9%のマイナスだ。その背景には、旺盛な取得意欲を見せる上場REIT(不動産投資信託)や私募REIT、不動産会社の存在がある。

日経不動産マーケット情報の年間購読者の方だけがご覧いただけます。ご登録のうえログインしてください。
日経不動産マーケット情報 購読のご案内

日経不動産マーケット情報のサイトをご利用いただくためのIDは、日経不動産マーケット情報のご購読1部につき1つを発行しています。ご購読いただくと、当サイトで過去の記事(売買事例や移転事例など)がご覧いただけるほか、検索機能もご利用いただけます。 すでにご購読いただいている方は、上記の会員登録・変更ボタンをクリックしてウェブサイトの会員登録をしてください。登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。