東京の商業地地価は、銀座のプレミアムエリアや南青山地区などの投資適格性を有する物件で下げ止まり傾向になっている。賃貸市場は、スペックの劣る古いビルでは空室が目立って苦戦が続いているが、丸の内や大手町などの優良なオフィス地区ではハイグレードビルへの堅調な需要に支えられて賃料下げ止まりの兆しが見え始めてきた。地価も横ばい傾向になっている。