2011年のパンアジア直接不動産投資リターン(借入金を考慮しない)は、対前年比+1.8ポイントの+8.4%だった。内訳はインカムリターンが同横ばいの5.6%、キャピタルリターンが同+1.0ポイントの2.7%。地域別のトップ3は香港、中国本土、台湾となっている。なお、オーストラリアとニュージーランドを加えたアジアパシフィックのリターンは8.7%だ。