2012年6月のオフィス空室率は、4カ月連続の上昇で7.21%に達した。ただし、その上昇幅は対前期比+0.05ポイントと、4月の同+0.51ポイントや5月の同+0.43ポイントに比べて低下している。6月も新規供給は高水準だったが、渋谷区の大型プロジェクト2棟がほぼ満室で竣工するなど空室率に対する上昇圧力は限定的だった。今後に向けて、2012年内の竣工を予定する大型プロジェクトが複数あるが、新規供給はピークアウトしつつある。1月以降、1994年統計開始以来となる最高値を更新し続けてきた現空面積も、34万7907坪と4カ月ぶりに微減となった。