2013年1月時点のオフィスビルストックは、全都市で5918棟、延べ床面積9623万m2となった。このうち2012年の新築分が64棟、209万m2と3年ぶりに200万m2を超えている。一方、2012年の取り壊しは45棟、64万m2だった。新耐震基準以前に竣工したオフィスビルストックは、全都市で2009棟、2822万m2と総ストックの30%を占めている。都市別では福岡(43%)、札幌(41%)が4割を超えるほか、京都(38%)、大阪(37%)と続く。逆に、さいたま(9%)、横浜(18%)、千葉(20%)は、新耐震のオフィスビルが多い。今後3年間(2013年~2015年)の新築計画によると、全体の約7割を東京区部が占めることは変わらないが、大阪で2013年、名古屋で2015年に大きい供給が予定されている。