2013年7月の東証住宅価格指数は、首都圏総合が前月比+0.50%と3カ月連続でプラスだった。都県別では東京都が同-0.13%、神奈川県が同+0.96%、千葉県が同+1.79%、埼玉県が同+2.51となっている。前年同月比も、首都圏総合が+1.14%と2カ月連続でプラスだった。都県別では東京都が同+2.29%、神奈川県が同+0.17%、千葉県が同-6.71%、埼玉県が同+3.48%と、千葉県以外はプラスとなっている。特に東京のプラス幅が大きく、首都圏の動きをけん引している。なお米国10都市総合は、前年同月比が14カ月連続でプラスで、前月比も8カ月連続でプラスだ。