2013年9月末時点における都心5区のオフィス空室率は、前年同月比(YoY)-1.00ポイント、前月比(MoM)-0.26ポイントの7.90%と2009年11月以来の7%台を記録した。既存ビルに大型成約があり、空室面積はMoM-1万9000坪程度と減っている。新築ビルは満室稼働のビル1棟が既存ビルに区分変更になったことや、延べ床面積約1400坪の新築ビルが募集面積を残して竣工したが影響し、空室率がYoY-10.50ポイント、MoM+0.19ポイントの18.12%となった。既存ビルは建て替えなどに伴う大型需要があり、空室率がYoY-0.45ポイント、MoM-0.28ポイントの7.70%と減った。一方、募集賃料は都心5区のオフィス全体でYoY-2.67%、MoM-0.23%の1万6230円と小幅な低下が続いている。新築ビルはYoY+9.13%、MoM横ばいの2万5578円、既存ビルはYoY-2.83%、MoM-0.25%の1万6062円だ。