代表的な都市を対象に地価と人口分布の関係を分析した。その結果、都市のコンパクト性が高いほど、中心部と周辺部の地価の二極化を通じて中心部の地価が支えられている傾向が確認できた。この分析結果からは、都市中心部の地価上昇のカギを握るのは、都市のコンパクト化であることが示唆されている。