2013年6月末時点における世界のブランド街賃料ランキングは、中国の香港・コーズウェイベイ(銅鑼湾)が首位だった。賃料は前年同月比+14.8%で、1988年の調査開始以来はじめて1平方フィートあたり年間賃料が3000ドル(坪あたり月額約88万円)を突破した。米国のニューヨーク五番街が同±0.0%で2位、フランスのパリ・シャンゼリゼ通りが同+38.5%で3位と、上位3位までは前年と同じだ。4位には、前年の6位から上昇した英国のロンドン・ニューボンドストリートが入り、日本の東京・銀座は前年の4位から5位に後退した。世界のブランド街は賃料の回復力を示しており、全世界平均で同+3.2%となっている。