2013年11月末時点における都心5区のオフィス空室率は、前年同月比(YoY)-1.24ポイント、前月比(MoM)-0.04ポイントの7.52%と5カ月連続で低下した。11月は成約・解約とも大型テナントの動きが少なく、空室面積はMoM-3200坪程度と小幅な減少にとどまっている。新築ビルの空室率がYoY-14.15ポイント、MoM-0.33ポイントの16.71%。新規供給のないなかで、空室を残していたビルで成約の動きがあり、一部で満室稼働になるビルが見られた。既存ビルの空室率はYoY-0.60ポイント、MoM-0.04ポイントの7.35%となっている。一方、募集賃料は都心5区のオフィス全体でYoY-2.22%、MoM-0.11%の1万6219円だ。新築ビルはYoY+15.95%、MoM+2.09%の2万7055円、既存ビルはYoY-2.60%、MoM-0.05%の1万6035円。