日本政府観光局(JNTO)によると、2013年の訪日外国人旅行者数は1036万人に達し、はじめて1000万人を上回った。外国人の延べ宿泊者数も大幅に増え、2013年は3000万人を上回ったとみられる。2013年第1四半期~第3四半期における国内宿泊施設の延べ宿泊者数の7.2%は外国人が占めた。特にシティホテルでは外国人宿泊者が21%を占め、東京都では31%、千葉県では43%に高まっている。2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まり、今後さらに外国人旅行者数と外国人宿泊者数の増加が見込まれる。国内の人口減少が本格化するなか、観光立国の実現と海外からの旅行者数の増加は日本にとって最重要課題の一つだ。観光立国推進基本計画では、2016年までに訪日外国人旅行者数を1800万人に増加させるという目標が掲げられているが、目標の実現のためにはまだ多くの課題が残されていると考えられる。国際航空便の発着枠数の増加などに加え、現在は外国人の宿泊者数が少ない東北地方における観光振興も重要な課題だろう。