東京都内の主要商業地のリテール賃貸市場において、アパレルの優勝劣敗が鮮明になってきた。日系・外資系を問わず不振店舗の閉鎖が相次いでいる。アパレルをはじめとする物販とは対照的に、外資系飲食の出店意欲は旺盛だ。商業施設側もこれらを新たな集客の牽引役と位置づけ、積極的に誘致している。賃料はかなり上昇しており、今後はテナントの企業体力の有無や出店戦略の優劣が問われるようになるだろう。