香港REIT(不動産投資信託)市場は現在、10銘柄、時価総額3兆円規模となっている。日本、シンガポールに次ぐアジア3位のREIT市場だ。しかし、Link REITを除くと小規模で、日本やシンガポールより市場成長速度が遅く、上場件数も伸び悩んできた。香港ではREITの投資機会が限られていることに加え、税制や環境整備上の差異からシンガポールに流れる傾向があった。近年は規制緩和(REITによる不動産開発の容認など)が進み、中国本土の物件へ投資する香港REITも増えている。このような規制緩和や投資対象拡大を通じて、香港REIT市場の成長が期待されている。