特集 福岡の不動産投資市場
感染症対応のビルに容積割り増し、コロナ禍でも衰えぬ投資ニーズ

コロナウイルスの感染拡大が各地の経済に影響を及ぼすなか、福岡市ではウイルスに強いビル開発を誘導する新しい取り組みがスタートした。市では「感染症対応シティ」を実現し、新たなビジネスの呼び水にすることをめざす。福岡の不動産への投資ニーズは、コロナ禍にあっても依然として高い。なかでも物流施設については開発の動きが活発化し、投資エリアも拡大している。

PDFを見る

オフィス市況トレンド アナリスト予測
弱含むオフィス需要、下落幅は次第に緩やかに

本誌がシンクタンク、証券・AM、仲介・アドバイザリーの3業種を対象に半年ごとに実施しているオフィスビル賃貸市況予測アンケート。今回は2021年から2022年前半までの1年半の市況を予測してもらった。「2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた企業のオフィス縮小の動きが早く、結果として予想以上に空室率や賃料が調整された」。こう振り返るのは、みずほ証券の大畠陽介氏だ。ダメージを受けた経済は底を脱しつつあるが、オフィスビルは転換期を迎え、従前の状態に戻るとは考えにくくなっている。

PDFを見る

オフィス市況トレンド 企業移転ニュース
JR川崎タワーオフィスに富士通、借り増しなしの拠点集約が増加

売買レポート

  • 韓国投資信託運用がファンド運用へ、麹町の築浅オフィス
  • 総額324億円の資産入れ替え、ユナイテッド・アーバン
  • 80億円でユニデンが売却、マロニエ通りの店舗ビル
  • 計60億円で売却、藍沢証券が自社ビル2棟
  • 大和ハウスが取得、水道橋駅近くのオフィス
  • インヴィンシブルが赤字回避へ、111億円で6物件を譲渡
  • 清水建設が持分34%、再開発予定の複合ビル
  • SMFLみらいパートナーズに売却、ヴィクトリアが30億円で
  • 982億円で7物件、GLP投資法人が取得
  • 相鉄アーバンが取得、芝浦運河沿いのオフィス
  • 京都駅前の店舗を取得、東洋不動産のファンド
  • ESRの私募REITが運用開始、当初資産は3物件150億円
  • 新型コロナでテナント休業が多発、ケネディクス商業リートが売却へ
  • サンフロンティアからGICへ、日本橋エリアのオフィス2棟
  • 231億円で2物件、SOSiLA物流リート
  • 273億円で首都圏4物件を取得、伊藤忠アドバンス・ロジスティクス
  • 大豊建設が本社隣接ビル、賃貸資産として ほか

売買事例一覧 133件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

ダイジェスト――開発、戦略、経営

  • 三井住友F&LがケネディクスにTOB、最大1319億円で
  • 上場REIT資産額が20兆円超え ほか