GIC(シンガポール政府投資公社)は、新宿マインズタワーの準共有持分7分の3を625億円で取得する。売り主の大和証券オフィス投資法人は準共有持分7分の6を所有しており、今回の売却後も残りの持分7分の3を維持し、GICと共同でビルを運用する。引き渡しは2018年2月に予定している。

日経不動産マーケット情報の年間購読者の方だけがご覧いただけます。ご登録のうえログインしてください。
日経不動産マーケット情報 購読のご案内

日経不動産マーケット情報のサイトをご利用いただくためのIDは、日経不動産マーケット情報のご購読1部につき1つを発行しています。ご購読いただくと、当サイトで過去の記事(売買事例や移転事例など)がご覧いただけるほか、検索機能もご利用いただけます。 すでにご購読いただいている方は、上記の会員登録・変更ボタンをクリックしてウェブサイトの会員登録をしてください。登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。