日経不動産マーケット情報が把握した2020年の大型不動産取引を金額順に紹介する。1位となった住宅ポートフォリオの取引をはじめ、3位、9位に顔を出した米ブラックストーン・グループが存在感を放つ。世界的な感染拡大の影響で市場全体での取引件数は減少傾向だが、こと大型物件の動きを見る限り、投資家の態度はますます意気軒昂のようだ。

日経不動産マーケット情報の年間購読者の方だけがご覧いただけます。ご登録のうえログインしてください。
日経不動産マーケット情報 購読のご案内

日経不動産マーケット情報のサイトをご利用いただくためのIDは、日経不動産マーケット情報のご購読1部につき1つを発行しています。ご購読いただくと、当サイトで過去の記事(売買事例や移転事例など)がご覧いただけるほか、検索機能もご利用いただけます。 すでにご購読いただいている方は、上記の会員登録・変更ボタンをクリックしてウェブサイトの会員登録をしてください。登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。