経済産業省の「工場立地動向調査」によれば、全国製造業などの工場用地の新規取得件数は、2016年に3年ぶりの前年比(YoY)マイナスとなったが、2017年上半期(1月~6月、速報値)は同プラスだった。特に食料品や金属製品などの企業が工場立地に活発な動きを見せている。設備投資の動機は「維持・補修」が多い。