2020年、日本で5Gのサービスがスタートする。この5GはIoTやAIの普及を促すインフラとして注目されている。企業がIoTやAI関連のテクノロジーをオフィスへ効果的に導入するためには、ネットワーク構成、デバイスの設置位置、配線ルートの確保などに配慮する必要があり、オフィスのIT環境に関する電気容量や通信環境などの設備水準が今後、ビル選定時の検討事項として重要性が高まると考えられる。また、IoTやAIの運用には高い演算処理能力と大容量のストレージを備えたクラウドが不可欠だ。5Gの普及とともにクラウドの重要性がさらに高まっていくだろう。