福岡市中心部は建物が大型化し、建て替えや新築が活発だ。インバウンド需要の大きさから、宿泊施設や商業施設への建て替えや新築が増加し、エリア内の建物用途が多様化している。建物の高さ制限の緩和や容積率の緩和の施策により、業務施設の建物が大規模化し、活性化している傾向がみられた。