世界の121マーケットを対象に、2017年第1四半期(1月~3月)のプライムオフィス賃貸コスト(オフィス賃料に共益費や税金などを加味したコスト)を調査した。この結果、1位は香港(セントラル)で、1平方フィートあたりの年間賃貸コストは303ドルだった。2位はロンドン(ウエストエンド)で同214ドル、3位はニューヨーク(ミッドタウン)で同203ドルとなっている。東京(丸の内・大手町)は同161ドルで7位だ。トップ50マーケットを地域別に見てみると、アジア太平洋が21、欧州・中東・アフリカ(EMEA)が16、米州が13となっている。世界のプライムオフィス賃貸コストは前年同期比+1.9%と上昇。地域別では、米州が同+3.6%、アジア太平洋が同+1.2%、EMEAが同+0.8%だ。