東京都の人口は2000年以降に約170万人増え、近い将来も増加すると予測されている。都心部には住宅やオフィスが集中し、両方の需要を満たすために商業地域で複合施設開発が増えるだろう。一方、周辺部は手頃な価格の住宅の需要が高まれば、人口が増える可能性がある。外国人の人口については、その増加が日本の過疎化を相殺して国内労働力を補完している。このうち高額な派遣外国人は、かつて金融セクターがそうだったようにITセクターが将来、これを引き付ける可能性がある。アセット別では、高級住宅や学生住宅などオルタナティブアセットの人気が高まっている。