■東証REIT指数@2020年7月末
 MoM-0.14%(配当込みベースではMoM-0.26%)
  ▼上旬:方向感なく推移(ワクチン開発への期待拡大と感染再拡大の懸念から)
  ▼中旬:下落(ホテルなどの業績回復への期待が後退して)
  ▼下旬:小幅上昇(世界的なREIT市場の上昇に連動して)
■当面の市場見通し(2020年8月以降)
  ▼REIT各社のバランスシートは健全なことなどから底堅い展開になると想定
  ▼住宅や物流施設などのセクターの銘柄に買いが入りやすいと想定

※MoMは前月比