東京の賃貸マンションの新規賃料は、世界主要都市と比較して安定的に上昇している。ただし、経年による賃料下落は、同じ東京都区内でも地域差が大きい。今後、築年数の経過した投資物件が増加するなか、安定的なインカムゲインを確保するためには、この経年劣化による賃料下落の地域差を考慮した不動産運用を行うことが求められる。