2015年7月の不動産価格指数(住宅)は、全国の住宅総合が前年同月比+3.1%の105.7とプラスが続いている。住宅地は同+3.3%の100.5、戸建て住宅は同-0.1%の99.5、マンションは同+6.9%の121.4だ。都市圏別では、南関東圏の住宅総合が同+3.7%の106.6、住宅地が同+2.5%の103.0、戸建て住宅が同+0.8%の98.3、マンションが同+6.4%の118.4。以下同順に、名古屋圏は同+1.0%の98.3、同+2.8%の94.7、同-2.7%の93.9、同+10.3%の122.8、京阪神圏は同+3.1%の105.8、同+6.2%の103.3、同-3.2%の96.6、同+9.5%の124.0となっている。