米国では主要6都市(ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、サンフランシスコ、ボストン、ワシントンDC)より、それ以外の「セカンダリーシティ」での不動産取引が拡大。セカンダリーシティの取引額は過去最高額に達した。米国外からのクロスボーダー資金も、セカンダリーシティへの投資額が主要6都市のそれを約8年ぶりに上回り、セカンダリーシティ重視のトレンドが鮮明だ。主要6都市で価格高騰感からオフィス取引が縮小した一方、セカンダリーシティで賃貸住宅などの投資機会が拡大したことが主な要因。今後もセカンダリーシティへの資金流入は拡大する見通しだ。