アジアの主要金融センターのうち、株式市場の水準とグレードAオフィス賃料の関係が最も密接な都市は香港だ。これにソウルが続く。逆に、上海とシンガポールは比較的弱く、最も相関が低いのが東京となっている。香港のハンセン指数が2018年のピークから22%下落したことに遅行する形で、香港セントラル地区の賃料は2019年に約4%下落すると予想。ソウル都心部の賃料は元々慎重に見ていたが、下方修正になる見通しだ。一方、上海経済は株式市場の動向に左右されない強さがあり、シンガポールは低い空室率と限定的な供給などから、 賃料の上昇基調が続くだろう。東京も堅調な需要と限定的な供給、低い空室率で、足許の賃料上昇は当面下支えされる見込みだ。