特集 2023年の売買事例分析
ホテル投資が急拡大、脱コロナの傾向鮮明に

新型コロナウイルスの感染が落ち着きを見せた2023年。観光需要の回復に伴う対日投資の盛り上がりを背景に、ホテルの取引金額は過去最高を記録した。一方で、これまで大きな割合を占めてきたオフィスビルの取引は低迷。都内中心部での大型売買が減り、全体の取引高が伸び悩む要因となった。

PDFを見る

オフィス市況トレンド 企業移転ニュース
医薬のメルクが麻布台ヒルズへ、飯田橋ファーストタワーに丸紅子会社

オフィス市況トレンド 成約賃料調査
東京の成約水準は底に到達、渋谷など3エリアで上昇気配

本誌が四半期に一度、東京、神奈川、大阪のオフィスエリア28カ所を対象に実施している成約賃料調査。今回まとめた2023年12月末時点の大規模ビルの賃料水準は、すべてのエリアで半年前と比較して変動幅が±5%未満の「横ばい」だった。4四半期連続で全エリアとも横ばいの範囲内だが、一部のエリアでは小幅な上昇がみられている。

PDFを見る

売買レポート

  • 540億円で自社所有に、エディオンがメープルツリーから
  • セイコー創業家の旧邸宅、500億円で大京が取得
  • 100億円台前半で、独デカ・イモビリエンが売却
  • 銀座のホテルを70億円程度で、高島が個人に売却
  • 歌舞伎座近くの賃貸マンション、KTキャピタルがブラックストーンから
  • 100億円で物流施設を売却、メープルツリーのS-REIT
  • 392億円で25物件取得、地主プライベートREIT
  • 東京湾岸の土地5万m2、神鋼グループが譲渡益270億円
  • SCキャピタルのデータセンターが進出
  • 浅草のホテルを59億円で取得、ヒューリックリート
  • 総額381億円の資産入れ替え、オリックスREIT
  • 大和ハウスが二つの開発用地、築地と小伝馬町で確保
  • 321億円で運用開始、第一生命の総合型私募REIT
  • オフィス1物件と住宅3物件、積水ハウス・リートが取得
  • 新橋駅近くの店舗ビル、FPGがヒューリックから
  • アパが東京建物から、今夏完成のホテル ほか

売買事例一覧 139件

直近3号分は日経不動産マーケット情報のトップページまたは画面右側の「売買事例一覧」からご覧いただけます。過去の売買事例データは、日本最大級の事業用・投資用不動産取引データベース、DEAL SEARCH(ディールサーチ)に収録しています。

ダイジェスト――開発、戦略、海外、注目レポートなど

  • オフィス利用可能な物流施設、プロロジスなどが錦糸町に
  • 首都圏の完全出社率が5割近くまで回復 ほか