米国の不動産投資市場が調整局面を迎えている。ニッセイ基礎研究所のレポートによれば、コロナ前からの低金利環境で過熱感が強まっていたなか、2022年以降の米連邦準備理事会(FRB)による大幅な利上げを受けて縮小に転じた。不動産価格は2022年7月のピークから2023年10月までの間に10%下落した。

日経不動産マーケット情報の年間購読者の方だけがご覧いただけます。ご登録のうえログインしてください。
日経不動産マーケット情報 購読のご案内

日経不動産マーケット情報のサイトをご利用いただくためのIDは、日経不動産マーケット情報のご購読1部につき1つを発行しています。ご購読いただくと、当サイトで過去の記事(売買事例や移転事例など)がご覧いただけるほか、検索機能もご利用いただけます。 すでにご購読いただいている方は、上記の会員登録・変更ボタンをクリックしてウェブサイトの会員登録をしてください。登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。