■不動産市場動向@2020年第4四半期
 ▼東京オフィス:空室率が低位の賃貸市場と世界の資金が集まる投資市場
 ▼大阪オフィス:賃貸市場では賃料下落が続くも投資市場では投資意欲が堅調
 ▼東京リテール:需要抑制も好立地路面案件はテナント入れ替え時に空室期間なし
 ▼東京ロジスティクス:大量供給を上回る需要拡大で開発案件にも投資資金集まる
 ▼東京ホテル:国内需要の回復が運営パフォーマンスの改善に寄与

※第4四半期は10月~12月

日経不動産マーケット情報の年間購読者の方だけがご覧いただけます。ご登録のうえログインしてください。
日経不動産マーケット情報 購読のご案内

日経不動産マーケット情報のサイトをご利用いただくためのIDは、日経不動産マーケット情報のご購読1部につき1つを発行しています。ご購読いただくと、当サイトで過去の記事(売買事例や移転事例など)がご覧いただけるほか、検索機能もご利用いただけます。 すでにご購読いただいている方は、上記の会員登録・変更ボタンをクリックしてウェブサイトの会員登録をしてください。登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。