福岡圏の物流施設市場では大規模施設の開発計画が増えている。大規模マルチテナント(MT)型物流施設のストック増加率は、2015年~2020年の年平均7%に対し、2021年~2023年は同18%に上昇する。大手企業のニーズが需要を牽引し、同施設の空室率は2019年第2四半期以降0%が続き、実質賃料は急上昇。デベロッパーが投資しやすい環境が整ってきた。福岡圏の大規模MT型施設ストックを首都圏、近畿圏と比較すると、人口や産業集積度合いに鑑みて福岡圏にはいまだに拡大の余地がある。2021年以降は新興立地での開発が増えるが、プレリーシングは総じて順調。需給バランスは安定して推移する見通し。2022年第4四半期時点で、空室率は3.7%まで上昇するものの、実質賃料は2020年第4四半期比+7.3%の3380円に上昇する見込みだ。

日経不動産マーケット情報の年間購読者の方だけがご覧いただけます。ご登録のうえログインしてください。
日経不動産マーケット情報 購読のご案内

日経不動産マーケット情報のサイトをご利用いただくためのIDは、日経不動産マーケット情報のご購読1部につき1つを発行しています。ご購読いただくと、当サイトで過去の記事(売買事例や移転事例など)がご覧いただけるほか、検索機能もご利用いただけます。 すでにご購読いただいている方は、上記の会員登録・変更ボタンをクリックしてウェブサイトの会員登録をしてください。登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。