米国の金融緩和縮小や長期金利上昇が意識されている状況を踏まえ、米金利上昇の国内不動産市場への影響を考察した。日本の金利は米国に追随しないとみられており、投資資金を円で調達する国内投資家にとっては一見影響なさそうだ。しかし、海外投資家はグローバルに投資利回りを比較するため、日本の金利環境に変化がなくとも米国の金利や金融政策が変化すれば国内不動産に対する投資利回り目線が変動するだろう。米国の短期金利は当面大きく変わらないとの見方が一般的なため、米国の長期金利が大きく上昇した場合は国内市場において一定の存在感を示す海外投資家の投資意欲が減退する可能性がある。海外勢の投資意欲減退は、国内市場の価格調整の一因となり得るだろう。ただし、国内勢のほうが海外勢より投資目線の高いアセットタイプやエリアでは、海外勢の投資意欲減退が価格調整につながらないことに留意する必要がある。

日経不動産マーケット情報の年間購読者の方だけがご覧いただけます。ご登録のうえログインしてください。
日経不動産マーケット情報 購読のご案内

日経不動産マーケット情報のサイトをご利用いただくためのIDは、日経不動産マーケット情報のご購読1部につき1つを発行しています。ご購読いただくと、当サイトで過去の記事(売買事例や移転事例など)がご覧いただけるほか、検索機能もご利用いただけます。 すでにご購読いただいている方は、上記の会員登録・変更ボタンをクリックしてウェブサイトの会員登録をしてください。登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。