新型コロナウイルスの影響でオフィス市況の悪化が懸念されているが、現在の空室率はいまだ低水準に留まっており、企業が最適なオフィス床を模索するのには時間を要している。空室の顕在化はすべてのビルにみられる訳ではなく、一部のビルに集中するなど偏りがある。今後は大型供給が集中するため、テナントによる入居ビルの選別が進むだろう。その際、取り組むべき課題がいくつかある。その一つ、出勤者数の削減率は大企業と中小企業で差があるが、オフィス床の最適な面積についての議論は規模に関わらず行われている。ポストコロナのオフィス市場はオフィス回帰が見込まれると同時に、オフィスでの健康やウェルネスに改めて関心が集まるといった変化が予想される。

日経不動産マーケット情報の年間購読者の方だけがご覧いただけます。ご登録のうえログインしてください。
日経不動産マーケット情報 購読のご案内

日経不動産マーケット情報のサイトをご利用いただくためのIDは、日経不動産マーケット情報のご購読1部につき1つを発行しています。ご購読いただくと、当サイトで過去の記事(売買事例や移転事例など)がご覧いただけるほか、検索機能もご利用いただけます。 すでにご購読いただいている方は、上記の会員登録・変更ボタンをクリックしてウェブサイトの会員登録をしてください。登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。