世界中の組織が不動産投資を通じて、ネットゼロカーボンへの道筋をどのように進めているかや、サステナビリティへの意欲がどの程度行動に移されているかなどについて調査した。調査対象は一般事業法人および投資家を代表するシニアエグゼクティブ647名で、調査期間は2021年第1四半期だ。この調査によれば、この10年間は不動産の脱炭素化の転換点とみなされており、先進的な企業や投資家は政策当者より先に率先して変化を起こしている。いまや気候変動リスクは経済リスクの一つとして受け入れられ、建築物の改修は二酸化炭素(CO2)削減目標を達成するために非常に重要だ。事実に基づいたデータやそれを精緻かつ透明度の高い形でまとめたレポートはグリーン進展にとっての唯一で最大の触媒となるだろう。

日経不動産マーケット情報の年間購読者の方だけがご覧いただけます。ご登録のうえログインしてください。
日経不動産マーケット情報 購読のご案内

日経不動産マーケット情報のサイトをご利用いただくためのIDは、日経不動産マーケット情報のご購読1部につき1つを発行しています。ご購読いただくと、当サイトで過去の記事(売買事例や移転事例など)がご覧いただけるほか、検索機能もご利用いただけます。 すでにご購読いただいている方は、上記の会員登録・変更ボタンをクリックしてウェブサイトの会員登録をしてください。登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。