福岡は、地理的特性による優れた国内外との接続性、ハード・ソフトの両面に秀でた都市づくり、スタートアップ支援などによる有望な将来性を背景に、高い都市競争力を有して国内外からヒト・モノ・カネをひき付ける状況になっている。主要経済指標を概観すると、世界の中で中規模都市に分類されるが、不動産市場の観点からはより上位の都市群に属する。現在の不動産市場モメンタムは日本の他の都市より高く、コロナ禍でもその耐性・強靭性が認められる。官民の一体感、連携、スピード感が他の都市を上回り、付加価値の高い不動産事業を手がけられる土壌がある。オフィス市場は、コロナ禍で空室率上昇と賃料下落に転じるも、底堅く推移。商業施設市場は、天神西通りを中心とする路面店舗向け物件が少なく、需給が恒常的にひっ迫している。物流施設市場は、旺盛な需要に供給が足りずに需給ひっ迫が続いており、2021年以降は供給増加に伴う需要拡大が見込まれている。ホテル市場は、コロナ禍で足元の宿泊需要が一時的に減っているものの、天神ビッグバンや福岡空港の滑走路増設など中長期的にはポジティブな要素が多く、コロナ収束後の成長が期待できる有望市場の一つだと考えられる。

日経不動産マーケット情報の年間購読者の方だけがご覧いただけます。ご登録のうえログインしてください。
日経不動産マーケット情報 購読のご案内

日経不動産マーケット情報のサイトをご利用いただくためのIDは、日経不動産マーケット情報のご購読1部につき1つを発行しています。ご購読いただくと、当サイトで過去の記事(売買事例や移転事例など)がご覧いただけるほか、検索機能もご利用いただけます。 すでにご購読いただいている方は、上記の会員登録・変更ボタンをクリックしてウェブサイトの会員登録をしてください。登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。