タイでは、都市計画法に基づいて各県ごとに用途地域が定められており、数年ごとに更新されている。現在、バンコクでは2013年の都市計画法に基づき、大分類として6種類、小分類として10種類の用途地域が指定されている。住宅系の用途地域は、住宅地域(低密集度)、住宅地域(中密集度)、住宅地域(高密集度)の三つに分かれている。商業系は商業地域の一つ、工業系は工業地域と倉庫地域の二つ、農業系は農業保護地域と農業地域の二つだ。ほかにタイ文化奨励地域、政府機関・公共公益施設地域がある。

日経不動産マーケット情報の年間購読者の方だけがご覧いただけます。ご登録のうえログインしてください。
日経不動産マーケット情報 購読のご案内

日経不動産マーケット情報のサイトをご利用いただくためのIDは、日経不動産マーケット情報のご購読1部につき1つを発行しています。ご購読いただくと、当サイトで過去の記事(売買事例や移転事例など)がご覧いただけるほか、検索機能もご利用いただけます。 すでにご購読いただいている方は、上記の会員登録・変更ボタンをクリックしてウェブサイトの会員登録をしてください。登録済みの方は、上記のログインボタンをクリックしてください。