2021年10月~12月期の新築マンション賃料は主たる面積帯である25m2帯において、札幌を除き下落幅は緩やかとなり、下げ止まりの傾向が見られた。

 札幌においても40m2以上の面積帯では回復に転じ、他の地域でも同面積帯以上は上昇が多く見られた。40m2以上の面積帯の好調は従前と同じ傾向で、新築分譲マンションの高騰もあり、引き続き好調に推移するものとみられる。

 直近、コロナ禍による都市部からの流出超過に収まりが見え始めた。今後賃貸住宅における繁忙期を迎えるため、2022年1月~3月期においてはさらなる改善が期待できる時期となるが、高止まりする首都圏の新型コロナウィルス感染者数や、ウクライナ情勢等に起因する経済やサプライチェーンへの影響も懸念され、引き続き不透明な状況となった。

 しかしながら新卒流入は既に確定されており、一定量の回復は確定しているため、一部セグメントでは早くも賃料の再度増額の動きも見られた。

■新築マンションの坪賃料(2021年第4四半期)
札幌市 都区部 横浜市 名古屋市 大阪市 福岡市
新築マンション
坪賃料
(円/坪)
25m2
坪単価
7,441 15,348 12,193 9,479 10,106 8,939
40m2
坪単価
6,055 14,838 11,166 8,422 9,799 7,495
55m2
坪単価
6,410 14,578 10,719 8,213 9,544 7,177
70m2
坪単価
5,908 14,877 11,243 8,375 9,655 7,068
2021年
第4四半期
前年同期比
25m2 -7.8% -0.7% -0.2% -0.9% 0.3% 2.0%
40m2 0.4% 0.5% 3.9% 0.2% 2.4% 1.0%
55m2 12.5% 1.0% 1.5% 0.2% 1.4% -0.2%
70m2 5.0% 1.8% 5.3% 2.0% 2.0% 3.0%
(資料:スタイルアクト
■新築マンションの25m2における坪単価の前年同期比
札幌市 都区部 横浜市 名古屋市 大阪市 福岡市
2019年
(2018年比)
第1四半期 8.2% 5.8% 3.0% 1.7% 2.2% 0.9%
第2四半期 0.9% 2.4% 0.7% 0.6% 0.7% 1.2%
第3四半期 1.9% 1.2% 1.2% 0.3% -0.9% -0.6%
第4四半期 4.7% 2.0% 2.1% 0.5% -0.7% -1.6%
2020年
(2019年比)
第1四半期 4.8% 1.8% 1.6% 0.4% -1.0% -1.6%
第2四半期 4.0% 1.7% 2.1% 0.3% -0.3% -1.5%
第3四半期 2.5% 1.8% 2.0% 1.0% 1.5% 2.2%
第4四半期 -4.5% -1.2% -0.7% 0.0% 1.2% 5.4%
2021年
(2020年比)
第1四半期 -4.5% -2.3% -1.5% -0.9% 0.8% 4.6%
第2四半期 -3.4% -1.7% -1.8% -1.1% 0.5% 4.4%
第3四半期 -3.9% -1.8% -0.8% -1.4% 0.1% 2.7%
第4四半期 -7.8% -0.7% -0.2% -0.9% 0.3% 2.0%
参考:
2021年
(2019年比)
第4四半期 -11.9% -1.9% -0.9% -1.0% 1.5% 7.6%
(資料:スタイルアクト

スタイルアクト