2022年1月~3月期の新築マンション賃料は全般的に回復が見られた。いまだ一部の25m2帯においては前年同期比でマイナスが見られるも前期比では上昇に転じており、繁忙期において各社慎重ながらも賃料の回復を目指す動きが顕著となった。

 既に人口流入においては2022年3月期の都区部は回復に転じており、今後需要の回復により賃料においても概ね回復傾向になる。ただし、賃貸マンションの着工量は前年を超過しているため、エリア×面積帯においては今年度も軟調な市況が予想される地域もみられる。

■新築マンションの坪賃料(2022年第1四半期)
札幌市 都区部 横浜市 名古屋市 大阪市 福岡市
新築マンション
坪賃料
(円/坪)
25m2
坪単価
8,056 15,476 12,324 9,460 10,159 9,067
40m2
坪単価
6,040 14,965 11,292 8,522 9,879 7,565
55m2
坪単価
5,842 14,634 10,903 8,367 9,728 7,261
70m2
坪単価
5,773 15,105 11,266 8,570 9,784 7,197
2022年
第1四半期
前年同期比
25m2 -1.3% -0.4% 0.5% -0.9% 0.5% 1.7%
40m2 -0.5% 0.7% 4.2% 1.4% 2.7% 1.8%
55m2 2.3% 1.0% 4.0% 1.2% 3.3% -0.5%
70m2 1.5% 2.2% 3.1% 3.5% 2.3% 3.3%
(資料:スタイルアクト
■新築マンションの25m2における坪単価の前年同期比
札幌市 都区部 横浜市 名古屋市 大阪市 福岡市
2019年
(2018年比)
第1四半期 8.2% 5.8% 3.0% 1.7% 2.2% 0.9%
第2四半期 0.9% 2.4% 0.7% 0.6% 0.7% 1.2%
第3四半期 1.9% 1.2% 1.2% 0.3% -0.9% -0.6%
第4四半期 4.7% 2.0% 2.1% 0.5% -0.7% -1.6%
2020年
(2019年比)
第1四半期 4.8% 1.8% 1.6% 0.4% -1.0% -1.6%
第2四半期 4.0% 1.7% 2.1% 0.3% -0.3% -1.5%
第3四半期 2.5% 1.8% 2.0% 1.0% 1.5% 2.2%
第4四半期 -4.5% -1.2% -0.7% 0.0% 1.2% 5.4%
2021年
(2020年比)
第1四半期 -4.5% -2.3% -1.5% -0.9% 0.8% 4.6%
第2四半期 -3.4% -1.7% -1.8% -1.1% 0.5% 4.4%
第3四半期 -3.9% -1.8% -0.8% -1.4% 0.1% 2.7%
第4四半期 -7.8% -0.7% -0.2% -0.9% 0.3% 2.0%
2022年
(2021年比)
第1四半期 -1.3% -0.4% 0.5% -0.9% 0.5% 1.7%
参考:
2022年
(2019年比)
第1四半期 -1.2% -1.0% 0.7% -1.4% 0.3% 4.7%
(資料:スタイルアクト

澤邦夫、脇山真美子(スタイルアクト)