札幌市は北海道内の中で高い集客力を誇るも、いまだコロナ禍における道外からの観光減少、飲食業界全体の落ち込みの影響が続いており本格的な回復には至っていない。

 しかしながら単身向けにおいても賃料の下落は底をうち、25m2帯の前年同期比での下落率は-1.3%と、前期の-7.8%から大幅に縮小に転じた。

 インバウンド需要の回復はいまだ先が不透明だが、国内観光需要の回復時恩恵が期待できるものの、北海道は都内への人口流出が多いため住戸タイプによっては注視が必要となる。

札幌エリアの1坪あたりの賃料の推移(期間:2018年第1四半期~2022年第1四半期)
札幌エリアの1坪あたりの賃料の推移(期間:2018年第1四半期~2022年第1四半期)
(資料:スタイルアクトの資料を基に日経BPが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
札幌エリアの1坪あたりの賃料の前年同期比の推移(期間:2019年第1四半期~2022年第1四半期)
札幌エリアの1坪あたりの賃料の前年同期比の推移(期間:2019年第1四半期~2022年第1四半期)
(資料:スタイルアクトの資料を基に日経BPが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
調査対象エリアと調査期間
  • 調査対象エリア:札幌市中央区、札幌市北区
  • 調査期間:2018年第1四半期~2022年第1四半期

澤邦夫、脇山真美子(スタイルアクト)