都区部へのアクセスの良さとみなとみらいエリアへの大手法人の拠点移動などもあり、首都圏でも一定のマーケット規模を持つエリア。しかしながらコロナ禍において中区や鶴見区など単身需要と主となる地域で人口流入が急減した。

横浜エリアの住宅賃料調査の1坪あたりの賃料の推移(期間:2018年第1四半期~2021年第1四半期)
横浜エリアの住宅賃料調査の1坪あたりの賃料の推移(期間:2018年第1四半期~2021年第1四半期)
(資料:スタイルアクトの資料を基に日経BPが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
横浜エリアの住宅賃料調査の1坪あたりの賃料の前年同期比の推移(期間:2019年第1四半期~2021年第1四半期)
横浜エリアの住宅賃料調査の1坪あたりの賃料の前年同期比の推移(期間:2019年第1四半期~2021年第1四半期)
(資料:スタイルアクトの資料を基に日経BPが作成)
[画像のクリックで拡大表示]
調査対象エリアと調査期間
  • 調査対象エリア:横浜市鶴見区、横浜市神奈川区、横浜市西区、横浜市中区、横浜市港北区
  • 調査期間:2018年第1四半期~2021年第1四半期

 面積帯では賃貸の主となる単身、コンパクトなどほとんどのタイプで繁忙期ながら下落となった。

 しかしながら前年度の上昇が著しいことによる反動減も多く、前年と合わせてみた場合は、いまだプラス水準となり市全体では都区部ほどの影響は見られない。

スタイルアクト